2014年11月19日

「根本治療」という誤解

「マッサージはそのとき気持ちが良いだけだけど、オステオパシー(またはカイロプラクティックや整体)は体のゆがみを直すから根本治療だ」という意見を聞くことは珍しくありません。

 しかし僕は、そんなことはないと思っています。

 同業者の人にそういうことを言う人もいますが、それは宣伝のための誇張か、あくまでその人がそう思っている、というだけだと思います。


 人の健康状態は、食事・運動・睡眠・精神状態など複数の要因が複雑に影響しあって、日々変化しています。

 ですから、どんな療法を受けようとも、それらの影響は受け続けるもので、1回の施術が「根本的な治療」になるという表現は、大げさに思えるのです。

 要は、いろんな要因があり、いろんな治療法があり、それぞれが体を変化させているということなのです。


 そもそも、マッサージのように筋肉だけを施術しても、骨のゆがみは整うとも思います。筋肉に骨は付着し、骨は筋肉によって動かされるからです。

 ただやはり、直接的に骨を動かす方が効果的だという面もあるでしょう。

 また、オステオパシーの施術が劇的に効き、まさに「根本治療」がなされたような結果を出すこともあります。

 しかしながら、患者さんの状態と施術内容によって、その効果にはもちろん個人差があります。

 結局オステオパシーの施術も、体を変化させる要因のうちの1つなのです。


 しかし個人的には、「根本治療」とは言えないけれど、そう思われるほどの効果がある施術を目指したいとは思っています。

 また、それができなくても、患者さんにとって有益な、価値のある施術をしたいとも思っています。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(整体)
ラベル:根本治療
posted by 施術者 at 05:47| 新潟 ☁| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。