2014年09月10日

錦織選手、全米オープン準優勝

 中学生の時と、高校の時の最初の少し、僕は軟式テニス部に所属していました。

 それ以来、自分では一切テニスをしていないのですが、その数年間と、その後数年はわりとテニスに興味があり、プロテニスにも注目していました。

 また、テニスのテレビゲームもしていたため、それに登場していた往年の名選手にもある程度の関心がありました。

 知っているところでいえば、コナーズ、ボルグ、マッケンロー、レンドル、エドベリ、ベッカー、サンプラス、アガシ、ナブラチロワ、グラフ、セレシュ、ヒンギス、シャラポワあたりでしょうか。

 ああ、いたなあ、と感じる方もいるかもしれませんね。

 そして日本人選手なのですが、男子は松岡修造、女子は伊達公子、杉山愛ぐらいしか知りません。

 その中で伊達選手のみが、世界の上位とわたりあえたなあ、という印象を持っていました。


 ところが現在…、錦織選手というとんでもない選手が日本にはいたようです。

 先日、全米オープンで準優勝したのです。

 ちなみに全米オープンとは、全豪オープン、全仏オープン、ウインブルドンと並んで世界4大大会に数えられる、もっとも権威ある大会です。

 そこで錦織選手が、準優勝したのです。

 なんでも、男子の日本人選手では、4大大会のベスト4進出が81年ぶり、全米オープンのベスト4進出が96年ぶりだったそうで、今回錦織選手は、それを越える快挙を成し遂げたのです。

 これは、本当にすごいことです。

 錦織選手、おめでとうございます。

 重圧も高まっていくでしょうが、今後のご活躍を願っています。


 ちなみに、錦織選手のコーチは、マイケル・チャンらしいですね。

 いましたねえ、そういう人も。

 懐かしいです。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
ラベル:錦織
posted by 施術者 at 06:24| 新潟 ☀| 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。