2014年04月16日

イチローの美しさ

 今年もプロ野球が始まりましたが、僕の好きなイチロー選手は、ヤンキースの「5番手の外野手」だそうです。

 2010年を最後にシーズン200安打の連続記録が途絶え、ここ3年は、パッとしない成績です。

 出場機会も減ってきて、今季はスタメンから外れることも多いようです。

 しかし、きっと彼は「準備」を怠っていないと、僕は思います…。


 運・不運や風向きというのは、あると思います。

 また、年齢による体の変化や周囲の環境など、自分ではコントロールしきれないことも、あると思います。

 しかし、良いときも、悪いときも、最善の努力ができる男−、それが「イチロー」だと思うのです。

「勝っておごらず、負けてくさらず」とよく言いますが、まさにその通りで、彼は常に準備を怠らない男でしょう。

 たしかに近年、結果が出ていません。

 あらゆる記録をすでに達成してきた人ですから、モチベーションの維持も難しいと思います。

 しかし、そこだけは揺るがないはずです。

 そして、それこそが、「プロ野球選手・イチロー」の本質だと最近は思うのです。


 スピード、判断力、バットコントロール、体のしなやかさ…イチロー選手の魅力は数多くありますが、一方で、それらに衰えが来るときは必ず来ます。

 しかしながら、常に準備を怠らないその姿勢、最善の努力をしようとする思考力と行動力は、変わらないと思います。

 今までは、彼の出す結果やプレーばかりにスポットを当てていました。

 しかし、思う結果が出せなくなった近年、とくにスタメン入りもできない今季は、それこそがイチローの美しさなのだと、強く実感するようになりました。

 本当に、美しいと思います。

 もちろん結果は大事であり、プロは結果が出せなくなれば終わりです。

 ただ、結果というのは、やはり自分ではコントロールしきれない部分があると思います。

 しかし…、結果を求め試行錯誤するプロセス―、それは、自分でコントロールすることができます。

 そして、そのプロセスは、結果よりも美しい気がします。

 また、結果を出すには、結局はそのプロセスを踏むしかないのだとも思います。

 野球選手としての終わりが着実に近づいているイチローですが、ファンとしては、最後までそのプロセスを見ていたいです。

 また3割を打つとか、チームを変えてまたレギュラーになるとか、驚きの展開だってあるかもしれませんしね。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
ラベル:イチロー
posted by 施術者 at 06:02| 新潟 ☁| 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。