2013年10月09日

凱旋門賞で勝てない

 中学生から高校生のころ、「ダービースタリオン」というテレビゲームにハマっていました。

「競走馬育成シミュレーション」と表現できるゲームで、プレイヤーは馬主と調教師を兼ね、馬を交配させて生産し、調教し、レースに出して賞金を稼ぎ、より高い牝馬を買って、より高い牡馬と種付けをする…ということをくり返していくゲームです。

 それにハマってしまった僕は、妙に競走馬について詳しくなりました。

 その頃は、オグリキャップがもう引退していて、ミホノブルボンとかビワハヤヒデとかが活躍していました。トウカイテイオーもいましたねえ…。

 種付けをするゲームだったので、それまでの競馬史にも興味を示しました。

 シンザンもシンボリルドルフも知っていますし、マルゼンスキーとかも好きでした。

 賭け事としての競馬は、そんなに興味がありません。

 一時、ほんの数年の間に何回か馬券を買ったことがあるのですが、「確率的には馬券を買う人は損をして、JRAが儲けるだけだ」と思っていたため、やめてしまいました。

 ちなみに、勝ち逃げしました(笑)。

 いずれその時のことを書くかもしれません。


 さて、ある時期まで、日本の馬は海外のレースにまるで勝てませんでした。

 ところが90年代後半になり、その様相に変化が訪れます。

 海外の重賞レースを制する馬が、段々と現れてきました。

 そして、世界でもっとも権威あるフランスのレース「凱旋門賞」においても、あわや勝ちそうになる馬が現れてきました。

 凱旋門賞は、その歴史や競争の条件などから、その年の世界最強馬を決めるレースといわれています。

 日本の馬も、そこに手が届く位置までやってきたのです。


 今年は、2頭の日本馬が凱旋門賞に参戦しました。

 同レースで昨年2着だった「オルフェーヴル」と、今年のダービー馬で、日本史上最強の呼び声が高いディープインパクトの子供であり、あの武豊騎乗の「キズナ」です。

 どちらかが勝ってもおかしくない、うまくいけばワンツー・フィニッシュもあり得る、と期待は高まっていました。

 そして日本時間の10月6日の夜、レースは行われたのですが…、結果は、オルフェーヴルが2着、キズナが4着でした。

 残念です。


 賭け事としては興味がないのですが、スポーツとして、競馬はけっこう好きです。

 一時は騎手になろうと考えたこともあったほどでした。

 残念です。

 でも、ディープインパクトで勝てなかったときに、もう誰も勝てないのではないかと思いましたが、そうでもなさそうです。

 また挑戦してほしいです。

 いずれ勝てると思います。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
施術者のその他サイト:新潟市中央区何でも格闘技サークル
posted by 施術者 at 06:33| 新潟 ☁| 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。