2014年10月30日

謎の油(2)

 おならをすると油が出るという症状を起こした食べ物…、それはおそらく、「くじら」だったのです。

 この夏2回くじらを食べたのですが、そのあとにその症状が出ていたのに、僕は気がついたのです。


 新潟では、夏場にくじらを食べる習慣があるようです。

 毎年、我が家でも夏場に何度か、朝の味噌汁にくじらが入っていました。表面の皮と脂肪の部分の小さな切り身が、いくつか入っているのです。

 おそらく高カロリーで、脂肪分が多く汁が冷めずに、体が温まります。そういうものを食べてスタミナをつける、という習慣なのでしょうか。


 僕も、去年、一昨年とくじらを食べていたのですが、これまでは何ともありませんでした。しかし、今年は当たってしまったようです。

 たぶん、自分の体調とか食べる量とか、何かの条件が今年は違ったためなのでしょう。

 僕はそう考えました。

 それを示すかのように、9月末頃だったと思うのですが、もう一度くじらが出たときがあったのですが、その時は何ともありませんでした。

 ずいぶん警戒しましたけど(笑)

 こうして、「何かの条件が揃って、夏場にくじらに当たってしまった」という結論を得てその騒動は終わったのですが、その後、患者さんと雑談をしていたところ、衝撃の事実(?)を僕は知ったのです。

 つづく。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(整体)
ラベル:くじら
posted by 施術者 at 06:30| 新潟 ☀| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

屋号変更のお知らせ

 当施術室の屋号を、以下のように変更させていただくことになりました。

(旧)新潟市中央区オステオパシー施術室

(新)新潟市中央区オステオパシー


 このブログを含めた関連ウェブサイトについても、それに合わせた修正を順次おこなっていきます。

 ご迷惑をおかけするかもしれませんが、何卒ご了承ください。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(整体)
ラベル:屋号
posted by 施術者 at 06:52| 新潟 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

メール返信の速度アップのお知らせ

 今後は、メインサイトよりお送りいただいたメールのご返信を、より早くすることにしました。

 トラブルなどが特になければ、早くて即時、遅くても24時間以内にご返信いたします。

 今後とも当施術室をよろしくお願いいたします。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
ラベル:メール
posted by 施術者 at 07:12| 新潟 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

謎の油(1)

 今回は少し汚くて恥ずかしい話です。(抵抗のある方は読むのをやめましょう)


 夏のある夜、僕はおならをしました。

 すると、パンツに中身が出てしまいました。

 ふつう下痢のときというのは、中身が出そうか出ないかは判断がつくと思うのですが、その時はちょっと様子がおかしく、下痢をしているようには思えなかったのです。

 トイレにかけこむと、便自体はそんなに下痢っぽくはなかったのですが、なぜか、謎の「油」が出ていました。

 ラー油のような油でした。

 そして、パンツについてしまったのも、その油だったのです。

 その油からは何か知っているような匂いがしましたが、その時はとりあえず、まあ、何かお腹の調子が悪いのだろうと、特に気には留めませんでした。

 以後、おならをするときはトイレでするようにして、パンツにその油をもらすことを防ぎました。

 その症状は1日か2日ぐらいでおさまりました。


 数週間後、同じ症状が出ました。

 普通の下痢ではなく、また同じ油が出てきたのです。

 しかし、その時に僕は、なぜ油が出たのか、見当がつきました。

 おそらく、その時もその前も、「ある物」を食べたあとに症状が出たと、その規則性に気がついたのです。

 それは…、次回に続く。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
ラベル:
posted by 施術者 at 06:26| 新潟 ☔| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

ホテルイタリア軒に食事に行ってきました

 新潟の方はみなご存知だと思いますが、西堀通りに、「ホテルイタリア軒」という有名なホテルがあります。

 明治7年に元は洋食屋さんとしてオープンした、歴史あるホテルのようです。

 家族のほとんどが行ったことがなく、行ってみようということになり、先日、ホテル内のレストランに食事に行ってきました。

 今回はそのお話です。


 2階にある中国料理の店に行ってきました。

 僕は紹興酒を頼み、チンジャオロースー、鶏の唐揚げ、蟹の卵炒め、五目焼きそばなど、よくあるメニューを基本的に頼みました。

 小龍包もありました。

 なんと、ホテルのスタッフに知り合いの方がいて、ホテル内でたまたま遭遇したのですが、その方が、フルーツの盛り合わせを差し入れしてくれました。

 豪勢なデザートとなりました。ありがたいことです。

 しかし、僕はその後に、杏仁豆腐も食べておきました(笑)。


 料金が安くはないので、味もサービスもとても良かったと思います。

 でも満腹で、コストパフォーマンスも良かったと思います。

 また、内装も豪華な感じで、円卓に座ることができ、それも新鮮で楽しかったです。


 レストランとホテルのロビーで、記念撮影をしました。

 完全に「おのぼりさん」の様相を呈していたと思います(笑)。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
ラベル:イタリア軒
posted by 施術者 at 06:34| 新潟 ☀| 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

メインサイトに本日から3日間の予約状況を表示することにしました

 今回のブログの更新は、ご連絡です。

 今後、メインサイトのトップページに「本日から3日間の予約状況」を表示することにしました。

 どうぞご利用ください。

 今後も新潟市中央区オステオパシー施術室にご注目いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


<2014.10.29追記>
「本日から3日間の予約状況」は、その後「本日と明日の予約状況」に改めさせていただいています



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室


ラベル:予約
posted by 施術者 at 07:01| 新潟 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

親を超える

 たまに聞く話なのですが、父親、もしくは母親にライバル心を持っている子供が、親を超えられずに悩んでいるというケースがあるようです。

 だいたいは、社会的地位や経済力、自分がいかに幸せな暮らしをしているか、などによって、親との競争心があおられるようです。

 気持ちはわからなくもありませんし、むしろ親の方が子供に対してライバル心を持っているためにそういうことが起きるのかもしれませんが、しかし結局、「親を超える」ことなど無理だと、僕は思っています。

 そもそもの話で、超えたとか超えないとかは、どうやって判断するのでしょうか?

 他者の評価でしょうか?

 しかし、他者の評価と、自分の満足や充実・幸福は必ずしも一致はしないと思うのです。


 僕の場合、幸いなことに、父を超えたいという気持ちはまるでありません。

 昔からそうですし、そういう育てられ方もしませんでした。

 将来どういうふうになれ、などと言われたこともない気がします。

 父は父であり、自分は自分であり、生まれた時代や周囲の環境、性格だって違うのですから、同じところを目指す必要など、まるで感じていないのです。

 だから、その点は気楽でした。

 親の背中を見つつ、自分の道を見つけてそれを歩んでいけばよかったので、余計なプレッシャーや悩みはなかったと思います。


 いかがでしょうか。

 せっかくの一度きりの人生です。

 親を超えるという発想に縛られることなく、自分の道を見つけ出した方が有意義ではないでしょうか?



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
ラベル:
posted by 施術者 at 06:31| 新潟 ☀| 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。