2014年02月26日

物価の下落

 当施術室で今まで使っていたCDラジオが、とうとう壊れてしまいました。(CDとラジオを再生する機械を「CDラジオ」と呼ぶみたいですね。昔は「CDラジカセ」と呼んでいたものが、カセットがなくなったため、今はそうなったようです)

20110705135647.jpg
↑今までのやつ

 あるとき急に再生が止まり、以後、使えなくなりました。

 どのCDを入れても、常に曲数がゼロと表示されるようになりました。

 開業以来、約2年半の寿命でした。

 半年前に壊れかけたのが奇跡的に回復したのですが、今回は完全に駄目になりました


DSC_0022.jpg
↑新しいやつ

 急遽、購入したのがこちら。

 今までのやつは垂直方向にCDを入れるタイプで場所をとらなかったのですが、今回はその点を妥協しました。

 しかし、それでも置き場所に困るというほどではありませんでしたし、勝手な想像ですが、やはり垂直方向にCDをいれるやつは重力の影響を受けるため、壊れる確率が少しは高いのではないか、などとも考えてみました。見当外れの考えかもしれませんが(笑)

 この新しいやつ、アマゾンで3000円弱でした。送料無料。

 特別に安い期間に買ったのかもしれませんが…、しかし、安くなりましたねえ…。

 昔、CDラジカセを買うとなると単純な安いものでも1万円程度は考えていたと思います。

 当施術室で使っていた古いCDラジオも、5000円ぐらいはした気がします。

 今度のやつは、さらに低価格ですが、作りは前のよりいい気がします。

 音も問題ありません。(まったくこだわっていないからかもしれませんが)

 しかしホントに、安くなりましたねえ…。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
タグ:CDラジオ
posted by 施術者 at 05:48| 新潟 ☁| 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

世間はオリンピックで盛り上がっているようですが…

 世間はオリンピックで盛り上がっているようです。

 やはり自然とその情報を耳にします。

 しかし…、

 僕は、あまりオリンピックに興味がないのです(笑)。

 もともとテレビを見ませんので、観戦することもありません。

 でも、もしかして、「実はマスコミだけが騒いでいる」とか、「よくわかっていないけど、ノリだけで騒いでいる人が多い」とは考えられないでしょうか。

 つまり、僕のようにあまり興味のない人も結構いるとか…。

 まあ、真実はわかりませんね。

 個人的にはオリンピックより、イチローの動向とか、落合GM・谷繁選手兼監督の今季の中日はどうなのか、などの方が気になります。

 しかし、趣味や好みは人それぞれです。

 オリンピックが好きな人は、オリンピックを心ゆくまで楽しんでいただきたいと思います。

 僕はオリンピックに興味がないので、僕の好きなことを楽しみたいと思います。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
posted by 施術者 at 05:20| 新潟 ☁| 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

視力回復トレーニング

 この前、患者さんとお話したことを書いてみます。

 人が物を見るときは、「角膜」の内側にある、「水晶体」という、いわばレンズの役割をする部分でピントを調節しています。

 水晶体の両脇についている「毛様帯小帯」という筋肉状の組織を緊張させたり弛緩させたりして水晶体の厚みを変えて、遠くを見るか近くを見るかを調節しているのです。

 ですから、単純な近視・遠視というのは、その水晶体の厚さ調節がうまくいかないために起こる現象であり、訓練によってある程度の回復は見込めるものなのです。


 ここでは近視回復について述べますが(遠視はその逆だと思ってください)、たとえば日常生活では、

・近くばかり見ている人は、その習慣を改める

・なるべく眼鏡にたよらず、自分の力で遠くのものを見るようにする

・眼をあまり疲れさせない

などに気をつけると、変化が現れると思います。

「近視の人は遠くを見ると良い」「近視の人は星を見ると治る」という話を聞いたことがありますが、理にはかなっているのでしょう。


 また、僕はこんな訓練をしています。

<訓練1>





●     ●





 ↑こんな黒丸を紙に書きます。

 そして、右と左の丸をそれぞれ左右の眼で見ます。

 視線を遠くに向けてぼんやりと見ると、それぞれの丸が二重に見えてきます。

 丸が計4つに見えます。

 丸と丸が重なり3つになったら、終了。また普通に見ます。

 これを1、2分繰り返します。


<訓練2>





C





 ↑同じく紙にこれを書きます。

 これを、眼の前に近づけて見ます(ピントを合わせ、右に空いている穴をちゃんと確認する)。

 次に、遠くに離して見ます(同じくピントを合わせ、右に空いている穴をちゃんと確認する)。

 これもまた1、2分繰り返します。


 どちらの方法も、眼のピント調節機能の訓練です。

 スマートフォンアプリにあったものを、紙に書いてやってみたのです。(紙の方が眼に楽ですから)

 もしよかったらやってみてください。やると確かに、物がよく見えるようになりますよ。

 しかし現実的には、パソコンとテレビをやめることができれば一番いいとは思うのですが…。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
タグ:視力
posted by 施術者 at 05:47| 新潟 ☁| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。