2013年11月27日

「インターネット依存症」対策

 以前、「インターネットが止められない。一晩中やってしまい、体調がおかしくなった」という方を施術したことがありました。

 そこまではいかなくても、インターネットというのは危険をはらんだものだと僕も思います。

 テレビのように時間による放送終了というのもないですし、コンテンツは膨大です。

 やろうと思えばいくらでも続けられるものであり、アルコールとか薬物とかと同様に、「インターネット依存症」のような状態になってしまう方も、いると思います。


 僕はテレビを見ないので、ニュースや娯楽鑑賞にはもっぱらインターネットを利用します。

 だから、その気持ちがよくわかります。

 夜に始めると、うっかり長くやりすぎてしまい、寝不足に陥ることもありました。

 そこで、ある時、対策を考えました。

 それは…、「寝る前にはやらない。朝、ネット利用に必要な分だけ早起きする」という方法です。

 僕の場合、メールのチェック、ホームページやブログの更新、その時々での各種買い物・調べ物などが、どうしても必要なインターネットの使いみちです。

 だから、その時にもよりますが、15分から30分ぐらいの時間があれば事足ります。

 そこである時から、起きる時間をそれぐらい早めて、夜は一定の時間に必ず寝るようにしました。

 結果として、その作戦はいい作戦だったと思います。

 体調もうまく管理でき、時間も有意義に使えるようになりました。

 余分なサイト閲覧もしなくなります。

 したとしても、出勤時間があるので決まった時間までしかできません。

 また、素晴らしいことに、寝起きのネットはとても目が覚めるのです。

 コーヒーを飲むより、よっぽどいいと思います。

「目覚めに1杯のコーヒー」よりも、「目覚めに30分のネット」です(笑)。


 もっとも、娯楽として徹底的に楽しむのもいいとは思います。

 しかし、止めたいのに止められないという方は、この方法をいかがでしょうか?



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
施術者のその他サイト:新潟市中央区何でも格闘技サークル
posted by 施術者 at 06:22| 新潟 ☁| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

年末も健康に過ごしたい

 あられなどがたまに降るようになり、新潟市にも、もう冬が迫ってきました。


 昨年の今頃、風邪を引きしばらく熱が下がらず、のどが腫れて食べ物を食べづらくなったので、病院に行って薬をもらって、それを飲みました。

 最初にかぜのウイルスにやられ(普通はしばらくしたら治るのですが)、別の細菌に感染する「二次感染」という状態になったのだと思います。

 抗生物質(細菌をやっつける薬)を飲んだら、すぐに治りました。

 しかし、これはいかんと思い、それから健康管理をより徹底することにしました。

 具体的には、睡眠時間の確保をより徹底しました。

 たしかその時は、スマートフォンを買って、夢中になって深夜までいじっていたら、その後風邪を引いてしまったのです(笑)

 やはり、体というのは一定の法則性を持っていて、そこから逸脱すると具合が悪くなるようです。


 さて、そんなことがあったせいか、今年一年は、今までになく良い体調で過ごせていると思います。

 もちろん、体は日々変化していますので、比較的体調の良いとき、悪いときはありましたが、大崩れしたことはなかったと思います。

 今年は病院には一度も行っていません。(詰めた金属が取れて歯医者に行って、それをそのまま詰めてもらったことはあったが、病気ではない)

 ちなみに、僕は病院にはほとんど行きません。

 ここ10年の間に、行ったのは3、4回ぐらいです。

 こういう仕事をしていますので、健康的に生きることを体現したいと思っているのです。(本当は、体調がいい方が楽だから、という理由の方が大きいかも)

 その際に、やはり最も大切なのは、食事、睡眠、運動、精神的充実・安定といった生活習慣であり、それには気をつけています。

 やらなければいけないこと、やりたいことはもちろんありますので、自然と、何をして過ごすかを選んで生活するようになります。

 その結果、淡々と家と職場を行き来し、家ではテレビも見ないという、仙人のような(?)ライフスタイルになってしまいました(笑)

 でも、選んでしていることですから、自分としては満足しています。


 年末で忙しくなってきて、体調を崩しやすい時期になってきましたが、今年はこのまま、健康に年を越したいと思っています。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
施術者のその他サイト:新潟市中央区何でも格闘技サークル
タグ:健康
posted by 施術者 at 06:26| 新潟 ☁| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

眠れないときの対策

 うまく眠ることができずに苦しんでいる人というのは、珍しくないと思います。

 不眠の原因は、人それぞれ、その時々でいろいろあるでしょう。

 たまに飲むコーヒーなどの刺激物が効いてしまったり、寝る前にしていたことの影響で興奮してしまったり、悩みがあって考えてしまったり、逆に次の日に楽しみがあってそれで興奮してしまったり、あまり疲れていなかったりと、さまざまな原因が考えられます。

 基本的には、そんな根本的な原因を除去することが望ましいのでしょうが、自分の力だけではできないことも多々あるでしょう。

 では、そういう時はどうすればいいでしょうか。


 薬を飲むのも手でしょう。

 しかし、別の手を1つご紹介しますので、薬を飲む前に試してみてはいかがでしょうか。


 それは、「眠れなくてもいいので、横になって目をつぶっている」ことです。

 眠ることには、意味があります。

 筋肉や骨、脳、その他器官を休めるために、人間は眠るようにできています。

 だから、眠れないからといって起きて何かをしてしまうよりは、横になって目をつぶっていた方が体には良いのです。

 そうすれば体は休めますし、目を閉じていれば、視覚情報が遮られ、脳の活動状態も変わります(脳波を測ると変化するそうです)。

 つまり、寝ていないけれども、寝ているのに近い状態にはなるのです。

 また、おまけの良いこともあります。

 たとえば8時間なら8時間、ずっと横になって目をつぶっていてみてください。

 あまりにも退屈です。

 そして、そのせいで、いつのまにか寝てしまうこともあると思うのです(僕はあります)。

 駄目で元々でそんな結果も期待できますので、やはり、とりあえずは横になって目をつぶっているといいと思います。


 特別な人もいるのかもしれませんが、基本的に人間には1日8時間程度の睡眠が必要で、それに合わせて人は眠くなるようにできています。

 仮に、何らかの事情でそのメカニズムがうまく働かなくても、横になって目をつぶっていればそれに近いことは実現できますので、よければお試しください。

 ちなみに、宣伝になりますが、オステオパシーの施術も、そういったメカニズムの回復に役立ちます。

 施術中に寝てしまう人もたくさんいます。

 むしろ、そういう人の方が多いと思います。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
施術者のその他サイト:新潟市中央区何でも格闘技サークル
タグ:不眠
posted by 施術者 at 06:29| 新潟 ☔| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

ニューヘアスタイル、決定

 9月7日の記事で、丸刈り(正確には、「伸びかけの丸刈り」をイメージしていた)を止めようと考えていることを書きました。

 最近、散髪に行き、当分はこんな髪型を維持していこうかな、と思い至りましたので、その新しい髪型をご紹介します。

DSC_0013.jpg

 いかがでしょうか。

 結局、「伸びかけの丸刈り」と変わらないとも言えますが、自分では微妙にこだわっているポイントがあって、けっこう気に入っています。

 これ以上短い状態だと、なぜか頭が四角くなります。

 頭蓋骨の形や髪の毛の癖で、しょうがないみたいです。

 これ以上長いと、髪の毛が寝てきて、前頭部に多く生えている白髪が目立ってきます。

 また、シャンプーなどの管理も面倒になってきます。

 よって、この長さにとどめることにしました。


 皆さん僕の髪型などどうでもいいとは思いますが、一度書いてしまったネタですので、結末も記してみました。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
施術者のその他サイト:新潟市中央区何でも格闘技サークル
posted by 施術者 at 06:34| 新潟 | 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。