2013年05月25日

サッカー日本代表トリビア

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル



 先日、患者さんと話していて、「サッカーの日本代表が、ワールドカップ本戦に出場できるかどうかを決める試合が、もうすぐ行われる」ということを教えていただきました。

 僕はテレビを見ないので、全然知りませんでした。

 基本的に、僕はサッカーのことはわかりません。

 しかし、その時にその患者さんと話をしていたら、細かい、どうしようもないことを僕は結構知っていたみたいで、その方に「今日はいろいろなトリビアを知りました」とおっしゃっていただきました。

 そこで調子に乗って、今日は僕の知っている「サッカー日本代表トリビア」を披露しようと思います。

 以下、箇条書きしていきます。

 ちなみに、すべて僕の記憶の中にある事柄ですので、記憶違いや、不正確な理解、完全なデマが混じっているかもしれません。それを含めて、楽しんでください。


<2010年大会>

・最初に代表監督を務めていたオシムさんは怒ると怖いらしく、ある試合で結果がかんばしくなかったときに、試合後選手たちにメチャクチャなことを言い、通訳が泣いた。(何を言えば通訳が泣くのか?)

・オシムさんは、「PKは運だ」という持論を持っていて、時間内に決着が着かずにPK戦になると、ベンチに帰ってしまう。


<2006年大会>

・代表チーム内で、ディフェンスラインをどの位置にするかで意見が分かれ、チーム内が不仲だった。

・監督のジーコさんは、「選手一人一人が自ら考え決断する」チームを作ろうとしたが、それはうまくいかなかった。


<2002年大会>

・監督のトルシエさんは、コンビニが日本人に悪影響を及ぼしていると言ったらしい。(便利すぎて良くないという意味らしいです)

・トルシエさんは「フラット・スリー」という戦術を用いていた。(そうそう、そうでした。言葉だけ覚えてます)


<1998年大会>

・日本代表が初めてワールドカップ本戦に出場したこの大会で、予選までメンバーに入っていたカズが、本戦から代表を降ろされた。

・監督が、加茂さんから岡田さんに途中で変更された。岡田さんのときに本戦出場を決め、カズを代表から外した。

・それに対しカズは、「自分は日本に帰ってきたが、日本代表としての誇りはフランスに置いてきた」と言った。(かっこよすぎる!岡田さんもすごいと思う)

・カズの代わりにフォワードを務めた城は、そのプレッシャーから不眠などの体調不良に陥り、そんな中で戦っていたカズのすごさをあらためて知った。

・当時二十歳ぐらいだった中田(ヒデ)は、試合中に「さん」付けなどしていられないと、「カズ」「ゴン」と呼び捨てにしていた。

・移動のバスでは、一番奥の一番左の席がカズ専用だという暗黙の了解があり、みんなそこには座らなかった。(今から何年か前にエキシビジョンマッチで当時のメンバーが集まったときにも、誰もその席には座らなかった)

・城がカズダンスをしたら、カズに怒られた。


<現在>

・中村憲剛がNHKの子供番組に出て、踊りを踊っている。

・カズはまだ日本代表に入ってワールドカップに出場することをあきらめていない。


 いかがでしたでしょうか?
posted by 施術者 at 06:27| 新潟 | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

先生から学んだこと

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル



 今日は、僕が東京に住んでいた頃に通っていた、日本拳法の道場の話です。

 総合格闘技をしたい。安全にしたい。日曜日の夜しか時間が取れない。

 僕が望んでいたそんな条件を満たす道場は少なく、たどり着いたのが、その日本拳法の道場でした。


 雰囲気はとても良かったです。

 みんな黙々と練習をしているのですが、ピリピリした感じもなく、メンバーの一人一人も親切で優しく、仲も良かったです。

 僕は電車で1時間半ぐらいかけて通っていたのですが、同じ方向の人とは一緒に帰ることも多かったですし、車で途中の駅まで送ってくれる先輩もいました。

 今思うと、不思議なくらい雰囲気が良かったかもしれません。


 先生は、僕らをとても自由にさせてくれていました。

 遅刻・早退も自由。

 疲れたら休んでいい。

 力の差がある人とのスパーリングでは、手加減するように指示。

 練習、大会、飲み会などの参加への強制もなし。

 こんな感じでした。

 僕は初めて通った道場だったのでそんなものかと思っていましたが、人の話を聞くと、格闘技のジム・道場にしては自由な方だったみたいです。

 月謝も安かったです。

 これは、先生にとって道場経営が本業ではなかったというのが大きな要因だったと思います。

 本業で何をしているのか、よくわからない方でしたが(笑)


 毎回一応決まった形の練習があるのですが、そんなにきついものでもなく、疲れたら休んでいいので自分のペースでできました。

 最後にはスパーリングや試合の練習をします。

 それが楽しみで、その時間に合わせて来ているような人もいました。

 僕もやはりそれが好きだったのですが、そういえば、一番最初に参加した練習でスパーリングをさせてもらいました。

 やらせてくれた先生もすごいですし、手加減しながら相手をしてくれた先輩たちにも感謝です。


 たいして強くはならなかったですが、それは自分の責任だと思います。

 こちらを大人扱いし、自由にさせてくれたのですから、そう思うしかありません(笑)

 実際、強くなった人は、他の組織の人と試合をしても、強かったと思います。

 それは、本人の努力と才能です。

 ただ、ロシアの軍人さんと対抗試合をしたことがあって、その人達はちょっと強すぎたそうです(笑)僕は参戦しませんでしたが。

 そういえば、フランス人とか、アメリカから来た黒人とかも普段の練習で一時見かけました。

 結構、国際色豊かだったのかもしれません。


 振り返るといい経験をしたと思っています。

 先生の発言で印象に残っていることが2つあって、

「日本拳法はとにかく勝てばいいから、ボクシングとかレスリングとか、いろいろ勉強して」

「練習相手がいるから強くなれるんだから、練習相手に感謝しないといけない」

−です。

 自由さ、寛容さ、そして他者への愛情を感じる言葉です。


 僕は格闘技サークルをやっていますが(主催者としての苦労はほとんどなく、一緒に遊んでもらっている感覚ですけど)、もう日本拳法はやっていません。

 あのルールは素晴らしいと思いますが、道具をそろえて持ち運ぶのがおっくうなのと、日本拳法に限ってしまうと練習相手がいないのと、もともと総合格闘技なら何でもよかったのとで、特に未練はありません。

 ただ、先生からは、それ以上の大きな何かを学んだ気がします。

 日本拳法はもうしていませんが、それは、今後に生かしていきたいと思います。
タグ:日本拳法
posted by 施術者 at 06:33| 新潟 | 格闘技関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

久々にカラオケに

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル



 先日、妻と4歳の娘と、駅前にできた新しいカラオケボックスに行ってきました。

 チラシを手に入れて、読んでみるとなかなか良さそうだったので行ってみたのです。割引券みたいなのもついていましたし。


 数年前に、娘を別のカラオケボックスに連れていったことがあったのですが、部屋の空間や音響が不快だったみたいで(怖かった?)、その時はまるで喜びませんでした。

 しかし今回は、喜んでいろいろ歌っていました。

 プリキュア、ドラえもん、サザエさん、ちびまる子ちゃんといったよく見ているテレビ番組の歌のほか、童謡も歌っていました。

 なかなか上手で、僕が下手なので、僕より上手なんですよね(笑)


 ところで、カラオケも進化していますね。

 曲のリクエストも、今は端末が置いてあって、そこにタッチして入力するだけで済むようになっていました。

 昔は分厚い本で探して、ナンバーを入力していたのに(笑)

 料金も安くなっていました。

 また、いくらか払うとドリンクバーが使えるのですが、昔はそんなのなかったと思います。

 時は流れ、自分はそれにおいて行かれているみたいです(笑)


 今回、特によかったのが採点機能。

 かなり正確になっている印象を受けました。

 昔は、「なんでこんな点がでるんだ」ということがよくありましたが、今回行った店では、納得のいく点数が出ていました。

 そうすると、うちの奥さんがけっこう高得点を出します。

 娘も、子供にしてはなかなかやります。

 僕は…下手なんですよね、歌が(笑)


 しかし、採点がおもしろく、「打倒、妻」を目指し、勝負に出ました。

 曲を吟味し、うまく歌えそうなのを選んで勝負をかけました。

 思い返してみると、よく聞いていた曲で、あまりテンポの速くない曲が歌いやすかったです。

 マニアックな話になりますが、今井美樹「A PLACE IN THE SUN」「海辺にて」、とんねるず「星降る夜のセレナーデ」で勝負をかけました。

 何年も歌い続けている、織田裕二「Love Somebody」などは外しました。うまく歌えないですから。

 勝負に徹したのです(笑)


 しかし結局…、妻には勝てませんでした(笑)

 彼女は92点台を出しましたが、僕は87か88点台が限度でした。

 やはり強いです。

 しかし…次は勝とうと密かに闘志を燃やしています。

 一人で練習しようとか、次はあの曲ならいけるかも、とか考えているのですが、僕の性格からして、たぶんその闘志はじきに消える気がします(笑)
タグ:カラオケ
posted by 施術者 at 06:11| 新潟 | 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

今年も「カナール彩」へ

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル



 昨年に引き続き、ビッグスワンの隣でやっている春祭り「カナール彩」に、今年も家族3人で行ってきました。
DSC_0014.jpg


DSC_0013.jpg
 去年ジャグリングをやっていたジャグラー・ドミノさんが、今年もいました!


DSC_0015.jpg
 去年も食べたメロンパン。今年は、ちょうど焼きたてのが買えました。おいしかったです。


 今年は花火を見ることなく、途中で帰りました。

 しかし、その帰り道にあった「食育・花育センター」に行ってみました。
DSC_0019.jpg

DSC_0018.jpg


DSC_0016.jpg

DSC_0017.jpg
 その会場内に仮面ライダー(?)がいて、周囲の人が騒いでいました。この人、「カナール彩」でも見かけました。イベント関係者ではなく、一般の人みたいです(笑)


 去年と同じくケーズデンキに寄り、サーティワンでアイスクリームを食べ、マクドナルドで夕飯を食べて帰宅。

 なんて保守的な家族なのでしょう(笑)
posted by 施術者 at 06:31| 新潟 ☁| 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。