2013年03月30日

Cさん引退!

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル



 先日、「何でも格闘技サークル」のメンバーであるCさんから連絡があり、転居するので練習に参加できなくなるので、引退するとのことでした。(もちろん本人は「引退」という表現はしていない)


 Cさんは他の格闘技ジムにも所属していて、主にそちらに通っていましたので、練習に来ることはほとんどありませんでした。

 実際、数えるぐらいしか会ったことがありません(笑)


 しかし、最初に当サークルに来たときは初心者だったCさんですが、(もう一方のジムで)一生懸命練習して、めきめきと強くなっていきました。

 そのジム主催の興業試合に参加し、うちのサークルのメンバーで観戦に行ったこともありました。

 ヘッドギアなし、オープンフィンガーグローブで総合格闘技ルールで試合をする姿を見て、本当にすごいなあと僕は思いました。

 また、格闘技事情にも詳しく、新潟の格闘技業界の話や、変わったプロレス団体の話など、興味深い話を飲み会の席で聞かせてくれたりもしました。


 1年弱でしたが、一緒に活動できたことは良い思い出になりました。(一緒に活動したことはほとんどありませんでしたが・笑)

 ありがとう、Cさん。

 格闘技を続けるかどうかはわかりませんが、それも含めて、新しい地で充実した生活を送れることを祈っています。


 これで現在、メンバーは4人…。


 話は変わって、3月27日に、「空手始めて3ヶ月」さんよりコメントをいただきました。

ありがとうございます!

「空手始めて3ヶ月」さんは、僕らのサークルと似たようなことをしていたようです。

 文章を読むと、その活動は10数年に及ぶとか!

「先輩」がいたのですね。
ラベル:引退
posted by 施術者 at 06:46| 新潟 ☁| 格闘技関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

「歳だからしょうがない」?

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル



「歳だからしょうがない」とお医者さんに言われた、という患者さんがけっこういます。

 …たしかに、歳を取ると体のいろいろな機能が衰えますので、「歳だからしょうがない」という面はあります。

 しかし一方で、管理次第で加齢にあらがえる面も、たくさんあります。

 僕はいつも、そうお答えしています。


 たとえば、変形性関節症で軟骨や骨がすり減り、痛み、動きにくさで困っている方がいるとします。

 僕(オステオパシー施術者)には、軟骨や骨を再生させることはできませんが、周りの筋肉や関節の状態を良くすることにより、痛みや可動範囲をやわらげることはできます。

 また、ご自分の健康管理(運動など)のしかたによっても、それらは変化します。

 そしてまた、比較的良い状態を持続させることにより、悪化の予防や、(加齢による防ぎようのない)悪化のスピードを遅らせることも、可能です。


 僕の経験上、高齢の方でも症状が良くなるケースは、決して珍しくありません。

 もちろん、若い頃のように、とはなかなかいきませんが、今より良い状態になる方は、たくさんいらっしゃいます。


 体の状態というのは、様々な要因によって決まります。

 年齢はその一要素であり大きな要素でもあるのですが、しかしながら、それが全てでもありません。

「歳だからしょうがない部分もありますが、管理次第で変化する部分もたくさんあります」

 …それが正確な表現だと思います。

「歳だからしょうがない」と言われて諦めている方がいましたら、ぜひ一度、ご相談ください。
ラベル:加齢
posted by 施術者 at 06:22| 新潟 ☁| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

練習再開!

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル



 今週は、いよいよ格闘技サークルの練習を再開しました。

 長い冬休みで、前回最後に練習したのが確か10月でした(笑)


 参加者は、僕と、Dさんと、格闘技未経験で見学希望のFさん。

 最初の「一人練習」の時間に、Fさんが練習に参加すると勝手に思いこんでいた僕は、一通りの技を教えてしまいました。

 でも、もともと格闘技に興味があって、ある程度の知識があったため、Fさんはすぐにそれを覚え、反復練習をしていました。


「対人練習」の時間には、僕とDさんでスパーリングも。

 いつも通りに寝技でコテンパンに負けてしまうのですが、久々に体を合わせた(卑猥な表現?)Dさんは、体が大きく、重くなっていました。

 さらに手強くなっていたのです。

 なんでも、筋トレとプロテインが効いているそうです。

 Fさんもプロテイン好きで、二人で情報交換していました。


 最後の「一人練習」の時間には、Dさんがミットを持ち、Fさんの打撃を受けていました。(本人たちの意志でそうなった)

 僕は体操したり休憩したりしながら見学。

 Fさんの打撃はなかなか上手で、器械体操をしていたので身体能力が高いと思われ、これから手強くなりそうです。

 
 練習の合間にFさん、逆立ちをしていました。

 Dさんも一緒にチャレンジ。ほぼ成功。

 そういうのが苦手な僕としては、二人とも偉大に思えました。


 こんな感じで、久々の練習を終えました。

 やっぱり面白かったです。

 そして、以前からそう言って頂いてたのですが、この度Fさんが、正式に入会を決めてくれました。

 これで現在、メンバーは5人。
ラベル:正式入会
posted by 施術者 at 06:52| 新潟 | 格闘技関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

格闘技サークルの飲み会

メインサイト1:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
メインサイト2:新潟市中央区何でも格闘技サークル


 先ほどまで、新潟駅前でお酒を飲んでいました。

 格闘技サークルの「年度末会」だったのです。

 酔いが回っているので、何を書くかわかりません。フッフッフッ(冗談)


 参加者は、僕と、Dさん、Fさんでした。

 どうも皆さんの意見を集約すると、当サークルは「変わり者」ぞろいだということが明らかになってきました。

 僕からすると堅実な人生を歩んでいるように見えるDさんが、自分のことを「会社内ではアウトサイダーですよ」なんて言っていたのが印象的でした。

 そもそも、河川敷で練習をしている時点でみんな変わっている、とのことでした。

 慣れてしまったので気づきませんでしたが、まあ確かに、そうかもしれません(笑)

 僕らの仲間になれるかどうか、そこが一つのハードルなのかもしれません。


 今後の格闘技サークルについての話などもしてみました。

 メンバーの誰かをどこかの興業試合に出そうとか、冬場はどこかの施設を借りてちゃんと定期的に練習しよう(河川敷で練習しているため、冬場は練習できない)とか、主催者の僕を抜きにして自主練をしようとか、そんな話でした。

 結果的にどれが実現するかは、まったくもって不明ですが…。


 しかし…、今集まっている皆さん全員、自主性と責任感を持った「大人」だと、本当に思いました。

 一昨年の6月に新潟に越してきた僕ですが、いい友達、いい遊び仲間に恵まれたと思います。

 メンバーの皆さんに感謝です。

 そんなメンバーの皆さんの期待に応えるべく、主催者として、このサークルの拡大・充実に努めようと思いました。

 嘘です(笑)。

 まあ、適当にやっていくので、このサークルがいつまでもあると思わないように、とも言っておきました(笑)。

 でも、一年ちょっとで2人が5人になったので、来年には10人になってるかも…。
ラベル:格闘技
posted by 施術者 at 00:49| 新潟 ☔| 格闘技関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。