2012年01月24日

1月25日(水)の臨時半休のお知らせ

 保育園に通う娘が体調を崩しました。(重病ではありませんので、ご心配なさらないで下さい)

 その都合で、1月25日(水)は午後2時からの営業とさせていただきます

 ちなみに、電話は通じる状態にしておきます(携帯電話に転送)ので、ご連絡のある方はいつも通りお電話ください

 なお、1月26日(木)以降の営業時間は未定ですが、変更のある場合は追ってご連絡いたします。(変更なくいつも通りの場合は、お知らせいたしません)
 
 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。




メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
posted by 施術者 at 22:08| 新潟 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

小説執筆再開

 僕にはミステリー小説を書くという趣味があります。

 正確には、「趣味」という表現は適切ではないかもしれません。

 賞に応募して、賞金を得ることや、出版してもらって印税を得ることを目的にしていますので、「趣味」というよりは「副業」という表現の方が合っていると思います。

 もっとも、小説による収入など未だ一銭もないので、まだ「趣味」の域を出ていないとも言えますけど(笑)


 さて、過去の話ですが、2009年と2010年に一作ずつ、長編を書きました。

 昨年6月に東京から新潟に越してきて、それから長編三作目を書いていたのですが、夏場に「筆が止まり」(笑)、以来ほったらかしにしていました。

 今年になっていろいろ考えた結果、三作目は放棄し、短編の新シリーズを書き始めることにしました。

 理由は二つあります。

 まずは、一作目のキャラクター設定が適当だったため、続編を書きにくい状況に陥ったというのが一つです。

 それからもう一つの理由は、単純に労力の問題です。

 一度書いた原稿を、僕は10回ぐらい読み直して訂正していきます。

 長編と短編だと枚数は5、6倍の差になりますが、そこに訂正作業を加えると、かなりの時間差が生じます。

 小説を本業にするつもりはありませんので、本業と私生活との時間配分を考えると、今後は、短編を年に1〜4作書くぐらいがちょうどよいかなと判断しました。

 飽きっぽくて適当な正確なものですから、のんびりめにやっていこうと思います。


 3月末に短編ミステリーの賞がありますので、とりあえず、それに応募する作品を最近書き始めました。

 実は僕の小説には何人か読者がいて、今日の記事は、その人たちに向けて書いているという気持ちが多分にあります。

 新シリーズは、東京が舞台ではありません。

 では、どこが舞台でしょう?

 もちろんお分かりですよね?


「賞に受かりました。○月○日発売の『△△』って雑誌に掲載されるまずので、買って読んで下さい」という報告ができれば最高なんですけどねえ。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
タグ:小説
posted by 施術者 at 06:11| 新潟 ☁| 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

今年最初の更新

 今年最初の更新です。

 皆様、新年あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。


 東京時代も含めると、この仕事を始めてもう9回目のお正月になります。

 しかし毎年、新年の抱負など特になく、いつも「より良い施術をご提供できるよう頑張ります」と言っています。

 今年もそうです。

 特別なことはありません。

 より良い施術をご提供できるように頑張ります。

 皆様の健康にご協力できるよう頑張ります。

 ご支持いただければ幸いです。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
タグ:2012年
posted by 施術者 at 00:24| 新潟 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。