2011年12月28日

今年最後の更新

 今日は、今年最後の「施術者のひとりごと」の更新です。


 今年一年を振り返ると、3月の大震災と、6月の新潟への引っ越しと、僕にとっては人生の節目の一つとなるような年でした。

 しかしながら、それでも特に不自由のない生活を送り、同じ仕事を続けている自分がいます。

 ありがたいことです。

 それは身内や友人・患者さんなど、色々な人たちの支えと協力によって可能になっている現実です。

 そんな皆様には、大変感謝しています。

 今年もありがとうございました。

 来年も、そんな恵まれた境遇を活かして仕事を頑張りたいと思います。


 ちなみに年末年始は以下の日程とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

  12月31日(土)まで通常通りに営業。
  1月1日(日)から1月3日(火)までお正月休み。
  1月4日(水)から通常通り営業。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
タグ:2011年
posted by 施術者 at 06:11| 新潟 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

風邪予防に「ぬれマスク」

 もうひと月以上前から試している風邪の予防法があります。

 その名は、「ぬれマスク」。

 臼田 篤伸さんという歯科医の方の著書を読んだのが直接的なきっかけでした。

 風邪の予防法について考えていた際にその方法を知り、理論的にも納得し、一か月以上試してみても非常に効果的でしたので、ここにご紹介しようと思います。

(臼田さんの意見を詳しく知りたい方は、その著作をご覧ください)



 現在僕は、「寝る時に、ぬらしてしぼった(ガーゼの)マスクをする」ようにしています。

 その意味をご説明します。

 まず、寝る時は自律神経の働きが変化して、気道(鼻や喉を含む体内への空気の通り道)が狭くなります。

 また、寝ているときは嚥下運動(唾や食物をゴックンする運動)がなくなり、気道が乾燥します。

 加えて、僕のように寝てるときに口が開いてしまう人は、なおさら乾燥します。

 このような、気道が狭く、乾燥した状態になると、風邪のウイルスが増殖しやすくなります。(そういえば、寝起きに具合が悪くなっていることって、けっこう多くないですか?)

・・・そこで、「ぬれマスク」なのです。

20111213190829.jpg

 写真のように、水にぬらしてしぼったマスクの、上端を折り返して鼻だけ出しておきます(写真のマスクはぬらしていません)。

 こうすれば口呼吸と気道の乾燥を防げ、ウイルスの増殖を防ぐことができるのです。


 風邪予防の基本は、@バランスの良い食事、適度な運動、適度な休息によって、風邪ウイルスに負けない体力を保つこと。A風邪ウイルスに感染しそうなところ(人混みとや、風邪をひいてる人の近く)に長時間いないこと。B体を温かくし、湿度を保つこと(低温・低湿度のところでウイルスは増殖します)です。

「ぬれマスク」は、このうちBの、「湿度を保つ」ことに大きな効果があるのです。

 しかしながらもちろん、@とAも大切な要素ですから、これだけで万事解決というわけではありません。

 でも、安価で、簡単で、特に副作用などのリスクもないこの方法は、おすすめです。

 よければお試しください。



メインサイト:新潟市中央区オステオパシー(米国式整体)施術室
タグ:風邪
posted by 施術者 at 05:58| 新潟 ☁| オステオパシー(整体)・医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

本日の臨時半休と明日以降の営業のお知らせ

 本日、途中で営業を終了させていただきました。

 ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。


 実は子供の体調が悪くなり、通っている保育園を早退させなければならなくなりました。夫婦で相談のうえ、僕が仕事を早く切り上げることになったのです。


 明日以降も、子供の体調次第ではどこかの時間で休んだりするかもしれません。

 ただし、電話は転送によって通じる状態にしておきます。

 また、予約の入っている方はそのまま施術する予定です。

 再度ご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうぞご容赦ください。よろしくお願いいたします。


 ちなみに、子供は重大な病気ではありません。

 本日は保育園に預けることができない状態になったので早退させたにすぎません。明日には回復している可能性もあります。
 
posted by 施術者 at 20:58| 新潟 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

妻の不祥事

 うちの娘が通っている保育園では、絵本の貸し出しを行っています。

 それを知ったうちの奥さんが、先日、三冊の絵本を借りてきました。

 そして、その日の夕飯時に奥さんがその話をし始めたのですが・・・。

「何にも言わないで絵本借りて来ちゃたんだけど、平気かな?」

 彼女はそう言いました。




 当然家族からは疑問の声が上がります。

「何で?」

「何で勝手に持ってきたの?」

「それじゃあ、泥棒じゃん」

 借りた人の名前と日付ぐらいは控えておかないと、返却遅延や紛失だらけになってしまうのは明白です。

 どうも奥さん、特に深く考えずに、勝手に借りてきてしまったそうです。

 なんなんでしょ(笑)


 事の重大さ(?)に気づき、食後にすぐに保育園に電話していました。

 その様を見ていた僕は大笑い。

 そのおかしさがわかるのか、僕につられてなのかは不明ですが、娘も笑っていました。


 翌朝僕が娘を送っていき、いつも出迎えてくれる主任の先生にその話をすると、彼女も声を出して笑っていました。

 愉快な妻と、優しき先生方です。
posted by 施術者 at 05:36| 新潟 ☁| 私生活・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。